田中文照堂

「未来の名匠」申請作品の製作行程--

「未来の名匠」申請作品の製作行程

「未来の名匠」に認定された手彫り印鑑の製作行程をご紹介します。

  • 1. 面訂(めんてい)、面すり

1. 面訂(めんてい)、面すり

印材の彫刻面(印面)を完全な平面にします。平面度の高いガラス板に貼り付けたサンドペーパー(各番手)を使用しています。
  • 2. 朱打ち(しゅうち)

2. 朱打ち(しゅうち)

印面に朱墨を均一に塗ります。
  • 3. 字割り(じわり)
  • 3. 字割り(じわり)

3. 字割り(じわり)

印面に、印稿を左右反転させて書き込む「ガイドライン」となる線を引きます。
朱打ちした印面を、先の細いもので擦ると朱墨が変色し線が引けます。
この特性を利用しています。今回は密刻部がありますので、正確に印稿を再現できるように全面に1mmの方眼を描きました。
  • 4. 印稿(いんこう)作成
  • 4. 印稿(いんこう)作成
  • 4. 印稿(いんこう)作成

4. 印稿(いんこう)作成

印鑑の設計図となる印稿を書きます。小筆と墨のみで書いていきます。
ここで描いた筆意(筆使い)や細部の描写が全て出来上がりに影響しますので、時間をかけて、念入りに、納得のいくまでの作業になります。
  • 5. 字入れ、布字(ふじ)
  • 5. 字入れ、布字(ふじ)
  • 5. 字入れ、布字(ふじ)

5. 字入れ、布字(ふじ)

印稿を左右反転させて、印面に直接小筆と墨で書きこんでいきます。
頭のなかで左右反転させますので、とても難しい工程です。
文字には「直線」はなく、直線に見えても微妙に曲がっていたり、太さが違ったり、それが「味」になっています。その微妙な部分を左右反転させて再現するのは、習得するまでとても時間のかかる工程です。
  • 6. 粗彫り(あらぼり)
  • 6. 粗彫り(あらぼり)
  • 6. 粗彫り(あらぼり)
  • 6. 粗彫り(あらぼり)
  • 6. 粗彫り(あらぼり)
  • 6. 粗彫り(あらぼり)

6. 粗彫り(あらぼり)

各サイズの印刀(この印刀も手作りです)を使い、字入れの後の印面を彫っていきます。
朱墨の残った部分を正確に、丁寧に彫っていきます。
特に細部は印刀の切れ具合が仕上がりに影響しますので、「彫る技術」はもちろん、「印刀を研ぐ技術」も必要になります。
  • 7. 粗仕上げ(あらしあげ)
  • 7. 粗仕上げ(あらしあげ)
  • 7. 粗仕上げ(あらしあげ)

7. 粗仕上げ(あらしあげ)

通常は「粗彫り→面擦り→墨打ち」と進みますが、田中文照堂では粗彫りの後に、仕上げに使用する「仕上げ刀」という印刀を用い、一度アウトラインを仕上げます。
この後、面擦りの工程で印面にサンドペーパーをかけますので、不必要かと思われがちですが、この一手間が最終的な作品の「美しさ」に非常に重要になります。
  • 8. 面擦り(めんすり)

8. 面擦り(めんすり)

粗仕上げ後の印面をサンドペーパーで再び磨き、印面を再び整えます。
この工程で、朱打ちで打ち込んだ朱墨も削り落ち、印面は「素」の木肌に戻ります。
  • 9. 墨打ち(すみうち)
  • 9. 墨打ち(すみうち)

9. 墨打ち(すみうち)

8の面擦り工程で素の木肌に戻った印面に、今度は墨を打ち込みます。
木肌のままでは彫刻したアウトラインが見えにくく、仕上げ工程をし易くするために必要です。
  • 10. 艶出し(つやだし)

10. 艶出し(つやだし)

墨打ち後の印面を「イノシシの牙」で擦り磨くと、墨に光沢が出ます。
墨の表面が均され、強度も増しますので、結果として印鑑の耐久性も上がります。
また朱肉の付き、離れもよくなり押印し易くなります。
通常は行なっていないお店がほとんどだと思います。
  • 11. 仕上げ(しあげ)
  • 11. 仕上げ(しあげ)

11. 仕上げ(しあげ)

仕上げ用の印刀、仕上げ刀を用いて、文字の輪郭、枠、図柄、印面全てのアウトラインを調整します。
文字の筆意、流れ、表現がここで決まる、「0.0数ミリ」の調整になります。
  • 12. 試し押し(ためしおし)
  • 12. 試し押し(ためしおし)
  • 12. 試し押し(ためしおし)

12. 試し押し(ためしおし)

実際に正確に押印して出来上がりを確認します。印面に朱肉を付ける際も、印面に過度に朱肉が付かないよう、指を使って朱肉を付けます。
  • 13. 捕刀(ほとう)

13. 捕刀(ほとう)

試し押しで再調整が必要な箇所が見つかれば→捕刀、を繰り返し、作品の完成度を上げていきます。
  • 14. 完成
  • 14. 完成
  • 14. 完成

14. 完成

四柱推命 幸運印章
個人の印鑑
法人の印鑑

5000円以上の印鑑は5年保証

営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 18時閉店日

土曜日は基本的に18時閉店ですが、延長営業も可能です。
詳しくはお問合せ下さいませ。

田中文照堂 五代目店主

田中文照堂 五代目店主
田中文照堂 五代目店主

田中文照堂、五代目の田中大晴と申します。 弊店のページをご覧いただき、本当にありがとうございます。 京印章の世界は奥が深く、先輩職人を見ながら切磋琢磨の毎日です。 皆様に良い印章をお届けできますように、より一層の努力をしていくつもりでおります。
田中文照堂をよろしくお願いいたします。
京都府印章業協同組合の理事でもあります。                

店長日記はこちら >>

ページトップへ